本文へジャンプ

トップページ > メンバー紹介 > 第49期 会長インタビュー

第49期 会長インタビュー

仲間と一緒に!

八光会では、仲間との友愛を大切にしています。
ただ仲が良いだけではなく、時には励まし時にはお互いの感情をぶつけ合う、互いに刺激し合える仲間です。僕達はそんな仲間たちとさらに絆を深める為、そして神戸町の為に活動しています。

神戸八光会 会長
大垣消防組合 吉田 顕
八光会に入会したきっかけ
もともと父が入会しており、幼い頃から八光会に参加していたことから、大人になれば入会することが当たり前と思っていました。子供たちの世代にも引き継いでいけるような会にしていきたいです。
八光会にいて感じたこと、良かったこと
生活テリトリーが違う場所で活動している、本来ならば接点がない人たちとの関わりがとても有意義で、いろいろな形での携わりがあり、日々いろいろな発見があります。例会を開催するにあたり、皆で一つのものを創りあげていく一体感がやりがいに繋がり、それをまとめることもリーダーシップをとる練習になっています。そういった体験で得た「新たな視点」を会員が各企業へ持ち帰り、更なる発展に繋げていくことが、会の意義だと考えています。
八光会で印象に残っているイベント
コロナ禍中に、神戸町に元気を届けたいという想いから、神戸八光会と神戸町青年つどい協議会がタッグを組み、サプライズで打ち上げ花火をあげさせていただきました。コロナ禍で各生活に制限がかかるなか、神戸町民を明るく照らすという意味で実施しました。実施後、神戸町民の方から「花火とてもよかったよ」という声を多くいただくことができ、打ち上げまでの準備は大変でしたが、町のために開催して本当に良かったと実感しました。

会長写真

入会する方へのメッセージ
会長写真
いろいろな人と携わり、自分自身の新たな部分を発見していきましょう!